相続税対策として出来ることについて!その方法とは

非課税枠を最大限利用すること

まず、相続税対策として一般的なのが贈与です。生前贈与をするのか、といいますとそれれはそうなのですが丸々やるわけではないです。贈与というのは毎年、非課税枠があるのです。それを上手く活用することによってかなり資産を移譲させることができるようになります。具体的にいいますと一人当たり、毎年、110万円までは非課税で譲り渡すことが合法になっています。ですから、基本的にはそれを利用して少しでも相続させる財産を目減りさせておくことです。

家作を持っていくこと

家作というのは、金持ちの登竜門的な物ではありますが、これもお勧めできます。一つは収入源となるような物を譲り渡すことができるからであり、もう一つはそもそも価値が下がるからです。アパートでもマンションでもそれを購入した金額よりも評価額というのは下がることになります。それこそが重要なことであり、つまりは価値が下がるので課税額も下がる、というわけです。これが狙いで家作を相続税対策として持つ、というのはお勧め出来るといえます。

保険に加入しておくことについて

様々な保険に加入しておいて、そこから受け取る、という方法もあります。代表的であるのが、生命保険になります。生命保険で受け取った方が現金をそのまま受け取るよりも控除を受けることができるようになっています。これも立派な相続税対策であるといえます。やり方はいくつもあるのですが、このようなことを複数、重ねておくことによって相続税というのは減らすことができます。もちろん、すべて立派に合法的なやり方であり、問題はないです。

相続税対策には生前贈与が有効です。年間110万円以内であれば贈与税がかかりません。贈与する側は60歳以上であれば生前贈与をおこなうことができます。