メリットを理解しておきたい!マンション経営

基本的な仕組みとメリット

マンション経営とは、第三者にマンションを賃貸してもらうことによって、家賃収入を得ることです。長期的な収入を得られるのがメリットで、安定した収入を期待して行うのが基本となります。当然のことながら、空き室が無いほうが収入は得やすいです。そのため空き室が無いように展開していくことが重要になりやすいですね。管理業務もセットで行うのが一般的ですが、マンション管理を業者に任せるといったことも可能ではあります。

どういったマンションが良いか

入居者が多い方が良いため、人目に付きやすい物件の方がマンション経営には向いています。築年数は新しい方が良いですし、住みやすいと思わせる物件の方が良い傾向にあります。後は不動産等に情報を載せて注目させたり、ターゲットを絞り込んで物件を改築するなど、工夫をすると良い場合もあります。古いマンションでもリフォーム、リノベーションなどで改築工事を行うと人が入りやすくなります。その場合は工事費も算段して行いましょう。

空き室対策を行うこと

退居された時のことも考えて行動することがマンション経営においては重要となります。マンションの周辺事情、立地などで入居がし易いかどうかは変わることもあるので、それに合わせて宣伝や紹介などは行いましょう。また家賃保証会社へ依頼すれば、空き室時でも安定して家賃収入を得ることができます。ただし家賃保証会社を利用する費用、手数料なども考慮して利用する必要がありますね。利益を取るか、安定を取るか相談して決めましょう。

トラストインベストメントは東京都や神奈川県の不動産を中心に、投資と運用をアドバイスする専門企業です。