壁のリフォームを自分でできます!お手軽リフォーム術

ペンキを塗ってみましょう

壁のリフォームは自分でもできます。特にペンキを塗るのは簡単です。壁紙の上からでも塗れますから、壁紙がくすんできたという人は試してみる価値はあるかもしれません。ペンキはホームセンターなどで水性の壁用のものが売られています。色数が豊富ですから迷ってしまうかもしれません。そんな時は白を選ぶと無難ですよ。塗る前には壁以外にペンキが付かないように養生テープを貼ります。貼り終わったら刷毛とローラーで塗っていきます。乾けば完成です。

壁紙の張替えに挑戦してみましょう

壁紙も自分で張り替えることができます。国産の壁紙はのり付きのものが売られていますから、簡単に貼り替えられますよ。壁紙もホームセンターなどで売られています。貼り替えたい部屋の壁紙がどれくらい必要か計算して必要な分だけ買ってきます。古い壁紙を剥がして新しい壁紙を貼っていきます。不要な部分はカッターで切り落とします。部屋の角を綺麗に貼るためには竹べらのようなものがあったほうが良いでしょう。また壁紙と壁紙の継ぎ目はローラーを押し当てると綺麗に仕上がります。

こだわり派の人は珪藻土や漆喰おすすめです

珪藻土や漆喰は吸湿作用や空気の浄化作用があると言われています。このため、自分で壁のリフォームをするなら素材にこだわりたいという人におすすめです。珪藻土や漆喰にあらかじめ水が混ぜられて塗れば良いだけの状態のものが販売されているので、こういったものを利用すると手軽に塗ることができるでしょう。コテに珪藻土や漆喰を取って壁に塗りつけていきます。乾く前の壁に子どもの手形を入れれば成長の記録として楽しめるかもしれませんよ。

マンションリフォームでは、経年劣化が進んだ部分の改善を図ることができるため、快適な住環境の確保に大変役立ちます。